生理学ミニテスト(2013.2.14実施)

 Feedback機構は生体機能を安定させる上で重要なメカニズムです。神経性、液性の少なくとも2つの機構が存在します。この中でも詳細に知られているのが、
 神経性のFeedback機構であり、膜電位を利用します。受容体(センサー)、神経情報の伝達、および効果器への出力(シナプス)のそれぞれの過程について、
 個々に膜電位変化を説明し、神経情報が伝達されるメカニズムを全体として説明しなさい。



生理学本試験問題13年度(5月8日 16:30~19:30)
http://www1.axfc.net/uploader/so/2895929.pdf

生理学追試験問題13年度(11月28日 16:30~19:30)
http://www1.axfc.net/u/3102198.pdf


【注1】問題3の1)と2)は1つの問題

【注2】問題9の1)について (誤)「膵臓のランゲルハウス・細胞が」→(正)「膵臓のランゲルハウスβ細胞が」

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS